■どのサイトが一番いいのか?

出会い系サイトをいざ使ってみようと思ったときに、一番最初に悩むのがどこのサイトに登録すれば一番出会いやすいのかということです。

雑誌の広告や看板広告やインターネットの広告など、いろいろな優良サイトの調べ方がありますが、結局情報量が多すぎてどこのサイトがいいのかわからないですよね。

当記事では、本当に出会いやすくて優良な出会い系サイトの選び方を徹底解説しているので、これから出会い系サイトを始めようと思っている人はぜひ参考にしてみてください。

以下の解説を読めば、優良サイトに登録して自分にぴったりの相手と出会えると思います。

●選び方を心得ておく

出会い系サイトには選び方がありますが、選び方を覚えておかないと詐欺サイトのようなところへ登録してしまいがちです。

出会い系サイトは一概にサービスがいいところに登録すればいいというものではありません。

出会い系サイトにはちょっとコツを覚えればすぐに出会うことができる本当に優良なサイトと、何をしても全く出会えないサイトの二つに分けられます。

一つ目のサイトは確実に出会える優良サイトというもので、ポイント制の都度払いのサイトになっています。

後者は悪質サイトで、サービス開始からだます目的でしかつくられていないサイトです。

こういった悪質サイトにはそもそも女性が登録していないのでサクラばかりで他の無料サイトなどに誘導してきます。

もしあなたが本当に出会いを探し求めているのであれば、悪質サイトに登録することだけは避けなければなりません。

そのために、出会い系サイトやマッチングアプリを本当に優良なものを見極める目を身につける必要があるのです。

●知名度が高いサイトに登録する

会員数の多さや知名度の高さは、特に出会い系サイトを選ぶときに優良サイトを見極めるときにみるべきポイントです。

知名度が高くて会員数が多いサイトであれば、貴重な女性登録者数もその分多いと言うことなので、出会いやすいサイトといえるでしょう。

男性にとって出会い系サイトの知名度が高いということは女性の会員数が多いことに比例して、出会いやすいことにつながります。

ちなみに、どれくらいの会員数を基準にすればいいのかというと、累計の登録者数が300万人以上の出会い系サイトに登録すれば出会いやすさはトップクラスだと思います。

300万人以上の会員数というのは常にサイトを利用しているわけではありませんが、1000人以上は一日にログインしていると言うことなので、出会いやすさには変わりありません。

他にも知名度や会員数の他にも運営実績もみてみると本当に優良なサイトを見極めることができます。

運営実績の基準としては10年以上もあれば、これだけの数の出会い系サイトが出現しては消えていく中で、圧倒的な実績といえるでしょう。

運営実績がある老舗の出会い系サイトはサポートが行き届いているので、初心者の人でも何でも聞きたいことを些細なことから聞けるので使いやすさが抜群にいいです。

長く運営されていると言うことにはちゃんと意味があると言うことですね。

●トップページに会社の情報

これらの情報の開示は会社の義務として法律で定められています。

出会い系サイトというものも異性紹介業という商売ですから、届け出を出してから運営をしなければなりません。

逆に言うと、これらの義務を果たしていないサイトは違法サイトであるといえるでしょう。

インターネット上で何らかの商売を行うときは事業者側はカスタマーに対して、特商法に基づいた記載をする必要があります。

特商法に照らし合わせて考えてみると、ワンクリック詐欺というのは、消費者に対してサービス内容を提示せずに契約しているから無効ということになるのです。

お金が発生することを別のページで表示するなど、料金体制をわかりにくくしているときも契約無効となります。

会社概要についても細かく記載事項が定められていて、会社名から住所や電話番号などを記載しなければなりません。

住所は建物名などもきちんと記載しなければなりません。ですが、悪質サイトの場合はそもそも会社概要がないことが多いでしょう。

会社情報が書かれていたとしても、バーチャルオフィスなどを記載しています。

悪質サイトの住所をグーグルマップなどで調べてみると、会社があるような場所ではないというようなこともよくあります。

悪質サイトは人から金銭をだまし取ることを主としているので、会社概要や特商法などの記述がないサイトは利用しないようにしましょう。

もちろん優良の大手の出会い系サイトは特商法が明確に記載されているので、安心して利用することができます。

●利用規約が書いてある

利用規約の表示は会社の義務なので、優良出会い系サイトには必ず記載されています。

なので、利用規約の表示がなかったり、隠されていたりするサイトは悪質サイトや詐欺サイトの可能性があるので利用するのを辞めておきましょう。

出会い系サイトにかかわらず、多くの人がこういったサービスの利用規約をよく読まずに登録しがちです。

多くの人が利用規約なんて読まないことを知っているので、悪質サイトはこれをうまく利用して利用規約に高額な料金がかかることを書いています。

そして、利用規約に書いてあるからこれだけの料金を払えというように法外な料金を請求してきます。

詐欺サイトにひっかからないように利用規約を必ず一読しておきましょう。

●有料サイトの方が安心して使える

ネット環境が整い始めた一昔前だったら、無料サイトも健全に運営されているサイトがたくさんあったのですが、最近の無料サイトは悪質サイトばかりになってしまいました。

無料で出会い系サイトを使えるという広告は魅力的に見えますが、そもそも一般の女の子はそのサイトには登録していないので、出会いようがありませんし、スパムメールなどの嵐がくるようになります。

有料サイトの場合はお金がかかりますが、個人情報が守られてサポートも充実しているので、安心して使い続けることができます。

有料出会い系サイトでかかる費用は、安心してゆったりサイトを使えるので、対価としてはやすいものだと思います。

ですが、かけ離れた高額料金を取るサイトはあまりいいサイトではないので、注意しましょう。

例えば、本当に優良な大手のサイトだとメール一通当たりの金額は100円以内に納まります。

悪質サイトと呼ばれるようなサイトでメールを送ろうとすると一通当たり200円以上もかかってしまうのです。

そして、そもそもそういう高額請求をしてくるサイトというのは悪質サイトなので、いくらメールを送ってもサクラばかりに送信されるようになって、女の子と会うことは絶対にできません。

そういう悪質な高額請求してきてサクラばかりのサイトを使うよりも、月に数千円くらいのポイント制の大手サイトを使った方が圧倒的にメリットがあります。

ちなみに、料金体系についてですが、ポイント制か月額制かどちらに登録して利用しようか迷っている人はたくさんいるのではないでしょうか。

結論からいうと、ポイント制のサイトは出会い系サイトになれている人や、安上がりで使い方を身につけている人、定額制のサイトは初心者の人や真剣な恋人を求めている人におすすめです。

ポイント制のサイトは都度払いで使いたいときに使いたいだけ使うことができるので、出会いのテクニックがある人はお得に使うことができるでしょう。

ですが、出会い系サイトを始めたばかりの人が使うと、思ったよりも寄り道をしてしまってポイントを無駄に使ってしまう傾向があるので、余計に費用がかかってしまうかもしれません。

定額制のサイトはメリットばかりかというとそうではありません。定額で使いたい放題ですが、会員数が少なかったりというデメリットもあります。

なので、自分の理想の出会いを見つけるまでに時間がかかりやすいというデメリットもあります。

どちらの料金体制のサイトにも一長一短がありますので、どちらが自分に合っているのか両方使ってみるというのも一つの手です。

●別のサイトへ誘導しない

これは無料の出会い系サイトでよくやっている手口なのですが、例えばAというサイトに無料で登録をさせて別の有料サイトに同時に登録させるという手法です。

そして別のサイトに登録している女性から一日10件以上もメールが送られてきます。

もちろん、その数十件のメールはすべてサクラから送られてくるメールなので返信してもお金がかかるだけです。

同時登録というのは悪質サイトしかやっていない手法なので、同時登録しているサイトがあったら、利用するのをやめておきましょう。

この同時登録というテクニックは詐欺まがいの昔からある手法なので、今ではあまりやっているサイトはありませんが、知識をもっておきましょう。

●年齢認証がある

出会い系サイトの法律により、出会い系サイトを使う人は必ず成人している必要があります。

なので、登録時に年齢認証をしなければならないサイトは法律をまもっている優良サイトといえるでしょう。逆に年齢確認をしていないサイトは不法サイトなので注意しましょう。

ちなみに、出会い系サイトが年齢認証をしていてもしていなくても、未成年との性交渉は違法行為なのでやめておきましょう。

●比較サイトから選ぶ

もちろん当サイトのようなランキングをしているサイトから本当に使えるサイトを選ぶことも一つのいい選び方です。

なので、もし自分で出会い系サイトやマッチングアプリを選ぶのが面倒だったら、ぜひ当サイトが紹介している出会い系サイトを使ってみてください。

ちなみに、簡単に出会えたり、安く出会えたり、無料で出会えたりする優良サイトというのは存在しないといっても過言ではありません。